人材の掘り起こし

海外へ出かける旅行者というのは「特別感――自分が住んでいる国と違うところ――」を求めて海外旅行へ出かけるという方が多いのではないでしょうか。
もし自分の国で体験できることならば、普通はお金と時間をわざわざかけてまで海外に出かけるなんてことはしないでしょう。

そのため日本人が観光客を相手にする場合、やはり「日本人は日本人らしく」が最も喜ばれるようです。

「日本ならでは」は大きな強みであり、これをどう活かすのかというのは課題だといえるでしょう。

 

ですがある程度は海外の方に合わせることもインバウンドには必要です。

 

例えば外国人観光客は怖い思いをしたり危険な目に遭ったりしないように、政府からの喚起注意を読んだり、危険区域に行かないようにしているはずです。

海外において日本人観光客が多いところは、「日本語」で注意喚起していたり、案内図でも「日本語」表記があったりします。
我が国でも、京都や東京などの有名な観光地は、英語や韓国語、中国語の表記を見ることができます。
けれど、名のある観光地でも日本語の看板しかないところも多いのです。

観光立国を標榜するならば、外国語の案内板などの設置は必須のはずです。
最近は、観光地に住む人々が積極的に英語を学び、町の案内人に立候補するという話もあります。

 

人の活性化も地域の力になります。
「おもてなし」を見せていくことは、観光客のりピート率を上げること。
その「おもてなし」を掘り起こしていけば、グローバル・ホスピタリティーの実践はもとより、大きな観光資源になるはずです。

観光客は非日常の体験を楽しみたいのです。
それをサポートするのは、わたしたち地域の人間です。

彼らの楽しみを「旅行者目線」で考えてみましょう。
「優しくされた」「忘れ物が戻ってきた」「親切すぎる」みたいな日本特有の「おもてなし」は海外の旅行者を驚かせています。
地域の人間のサポート力を上げるのも、インバウンド市場の成功に繋がるのです。
年齢や経験にこだわらず、人材の掘り起こしを考えていきましょう。